deeper3dは女性の薄毛にも効果がある!?

deeper3dで効果がない2つの理由とは?

deeper3dは女性の薄毛にも効果がある!?

Deeper3Dに含まれているアカツメクサとは?

アカツメクサという成分はアカツメクサという花の植物から抽出される成分です。
アカツメクサにはイソフラボンが豊富に含まれていて、イソフラボンは男性・女性の薄毛には育毛効果があります。

髪を成長させるには毛母細胞の分裂を活発にする必要があります。
イソフラボンには細胞分裂を活発にする作用を促す効果があります。

また「イソフラボン」といってもたくさんの種類があり、中でも特にその優れた男性・女性の薄毛にいいものが「ビオカニンA」というものです。
このビオカニンAには男性型脱毛症の原因となる5αリダクターゼを抑制する成分として注目されています。
そしてアカツメクサ花エキスには、このビオカニンAも豊富に含まれているというわけです。

イソフラボンが育毛効果にいいもう一つの理由

ポリフェノールの一種で、大豆などのマメ科植物に多く含まれています。イソフラボンは、女性ホルモンである「エストロゲン」と似たような働きをすることが分かっています。
エストロゲンには毛髪を濃くする育毛効果があり、逆に男性ホルモンは体毛を濃くする代わりに毛髪は薄くする働きがあります。
男性は女性ホルモンを作り出すことができませんし、女性でも高齢の方は女性ホルモンを作り出す力が低下しているので、イソフラボンを取り込むことで育毛効果を期待できます。

イソフラボンにはもう一つ、育毛に関する効果があります。
唐辛子の辛味成分である「カプサイシン」には、IGF-1(インスリン様成長因子-1)という物質の生成を促進する働きがあり、IGF-1は、髪の毛を作り出す毛母細胞を活性化させる働きがあります。
イソフラボンは、そんなカプサイシンの働きを助ける効果があります。そのため、イソフラボンと一緒にカプサイシンを摂取することで更なる育毛効果を期待することができます。

イソフラボンの副作用は?

育毛に関する副作用はありませんが、既に述べたとおり、イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをします。
女性がイソフラボンを過剰摂取した場合、血中ホルモン量が増大し、月経周期が延長するという研究成果が発表されています。また、人体では報告例は無いものの、動物実験においてはイソフラボンの過剰摂取による生殖器官に対する有害作用があることが報告されています。

そのため、人体にも影響が出た場合、胎児や乳児に対して健康被害が発生する可能性もあります。(今のところは報告例がありません)

また、豆乳を飲み続けた男性の乳房が肥大化したという報告があります。診断の結果、イソフラボンの過剰摂取であると判断され、切除手術を行いました。

さらに、閉経後の女性に対してイソフラボンの摂取実験を行ったところ、子宮内膜増殖症を発症する確率が高くなることが報告されています。

このような事態に陥ったのは、大豆イソフラボンの効果が世間的に知名度を高め、サプリメントとして広く販売されるようになったためです。
大豆製品を日頃から食す機会の多い日本人は元々イソフラボンを摂取する機会が多かったのですが、吸収効率の高いサプリメントを服用することで過剰摂取になってしまうのです。

どんな育毛効果があるのか?

・エストロゲンと似た働きによって、健康的な髪を育みます

・カプサイシンと一緒に摂取することでIGF-1の生成を促進します

・IGF-1は、毛母細胞を活性化させ、育毛を促進します

どんな育毛効果があるのか?

・エストロゲンと似た働きによって、健康的な髪を育みます

・カプサイシンと一緒に摂取することでIGF-1の生成を促進します

・IGF-1は、毛母細胞を活性化させ、育毛を促進します

deeper3dはどんな薄毛の方にオススメ

いわゆる「男性型の薄毛」全般に効果があります。男性は女性ホルモンを作り出せず、薄毛を促進する男性ホルモンの働きによって薄毛になりやすく、エストロゲンと似た働きをするイソフラボンによってその効果を抑えることができます。


トラックバックURL

http://www.indo-ank.org/deeper3d_woman/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です